活動の内容

安全運転管理者制度

 一定台数の自動車の使用者は、その使用の本拠ごとに「安全運転管理者」やそれを補助する「副安全運転管理者」を選任し、公安委員会に届け出なければならないことになっています(道路交通法第74条の3)。
 選任基準は、道路交通法施行規則第9条の8に定められています。
 
 

安全運転管理者の選任基準

■乗車定員が11人以上の自動車にあっては1台、その他の自動車にあっては5台とする。
■自動二輪車(原動機付自転車を除く)は1台を0.5台として計算。
 
 

副安全運転管理者の選任基準

■自動車の台数が20台以上(選任人数は20台毎に1人を追加)
 
 

安全運転管理者等の届出

 安全運転管理者等を選任したときは、選任した日から15日以内に自動車の使用の本拠を管轄する公安委員会(管轄警察署)に届け出なければならないことになっています。これは、解任したときも同様です(道路交通法第74条の3の5項)。
 届出については、都道府県細則に定められた様式の届出書(警察暑交通課にあります)を提出して行います。
届出書に添付する書類の主なものは次のとおりです。
 1 安全運転管理者に関する届出書 (副安全運転管理者に関する届出書)
 2 本籍記載の住民票
 3 運転免許証の写し
 4 運転記録証明書(過去3年)
詳しい内容については、管轄警察署にお問い合わせください。
 
 

安全運転管理者等の講習日程

この講習は、道路交通法第108条2の規定により、受講が義務付けられています。
安全運転管理者・副安全運転管理者の皆様は、早めに受講しましょう。
◎ 受講の際は
 1 管理者証
 2 通知書(はがき)
 3 講習手数料
 (1)安全運転管理者(4,500円)
 (2)副安全運転管理者(3,000円)
をお持ちになって、会場へお越し下さい。
  なお、通知書(はがき)の実施日時に受講できない方は、予約はいりませんので下記の開催年度をクリックして、開催日を確認のうえ受講して下さい。受講当日は上記記載の管理者証・通知書(はがき)・講習手数料をお持ちになって、直接会場へお越し下さい。
※ 講習通知書(はがき)が到着前でも受講できます。(会場において受講申込書を記入)
  (車利用での受講はご遠慮ください)
 
 

安全運転管理者講習の日程と会場略図

平成29年度
 

副安全運転管理者講習の日程

平成29年度
 
■リンクされていない月については、日程が決まり次第、随時掲載していきます。
知ってるよ いつもの道でも みぎ ひだり 免許証を 返す勇気が ふせぐ事故 歩道では 歩行者優先 忘れずに シートベルト 必ず締めよう 全座席 許しません 飲んで乗る人 飲ます人 運転は あごひもしめて 気もしめて 一台の 駐車が招く 事故・渋滞