活動の内容

交通安全情報

都内交通事故情報(警視庁ホームページリンク)

「ハンドルキーパ」運動

 飲酒運転を根絶するため「ハンドルキーパ」運動を推進していきます。この運動は自動車で飲食店に来て飲酒する場合、仲間同士や飲食店の協力を得て飲まない人をきめ、その人が仲間を安全に自宅まで送る運動です。 
みんなで飲酒運転根絶の機運を高めましょう
 
 夕暮れ時から夜間の交通事故を防止するため、警視庁では「トワイライト・オン運動」「交差点アイコンタクト運動」「リフレクター運動」を推進中です。
 

「トワイライト・オン運動」

 自動車(四輪車)の前照灯を日没時より早めに点灯し、歩行者や自転車利用者、さらには他のドライバーの注意を喚起して、一日のうちで最も周囲が見えにくいと言われ、また、交通事故も多く発生している「夕暮れ時」の交通事故を防止しようとする運動です。
 10月・・・16:00〜
 11月、12月・・・15:30〜


 

「交差点アイコンタクト運動」

 交差点内での交通事故防止を図るため、交差点を右左折通行する際に歩行者とドライバーが互いに視線を合わせ、安全を確認してから通行する運動です。
 

「リフレクター運動」

 明るく目立つ色の服装や光(ライト)が当たるとキラキラ輝く「反射材(リフレクター)」を服や持物、又は自転車等につけて、ドライバーに自分の存在をアピールして注意を喚起し、「夕暮れ時から夜間」の交通事故を防止しようとする運動です。

 

自転車の賠償責任保険で安全・安心

 自転車の事故は、増え続けています。特に事故による死傷者は、年間なんと18万人を越えています。これらの中には自転車同士あるいは自転車対歩行者の交通事故が多く含まれ、賠償金額も高騰しています。
 こうした自転車事故の賠償責任の一端を担うのが、自転車の賠償責任保険です。自転車を安全に乗るために、また万一の事故に備えるためにも保険に加入しましょう。
知ってるよ いつもの道でも みぎ ひだり 免許証を 返す勇気が ふせぐ事故 歩道では 歩行者優先 忘れずに シートベルト 必ず締めよう 全座席 許しません 飲んで乗る人 飲ます人 運転は あごひもしめて 気もしめて 一台の 駐車が招く 事故・渋滞